Categories

Archives

Tags

一人暮らしでお金が足りずに家族から借りたこと

以前の自分は賃貸マンションで生活をしていてお金の問題がありました。その時は簡単なアルバイトしかしていなかったので生活が苦しかったです。そして、ある時に電気代が払えない時期があって生活が難しくなりました。
私には家族がいて離れているのでお金のことで相談しました。その時は家族が食費を出してくれたので助かった記憶があります。私は家族がお金を貸してくれることにも期待して何度か連絡をしました。
その後は家族がいつか返すようにといくらかお金を貸してくれました。私はそのお金で一人暮らしを続けられたので良かったです。しかし、いつまでも家族に頼りたくないのでアルバイトに集中しました。
結果的には仕事をすることで家族にお金を返すことができました。当時は体を使って色々な仕事をしたと思います。これもお金のためだったのでその苦労が良い経験です。
一人暮らしはお金が必要なので難しいと感じます。私は家族のサポートで救われたので恩返しをすることも忘れたくないです。
参考:カードローンで即日融資※お金を借りる道標

引越し代金と真冬の引越し

おととしの暮れに引っ越した時の失敗談です。

冬はとにかく日暮れが早いです。夕方からの引越しになると一番必要なものはなんといっても照明です。
私の引越し先は大型電気店のすぐそばだったので照明器具は引越し先で買おうと思っていました。

荷受けは夫に任せ、私は電気店に照明器具を買いに行ったのですが、これが甘かった…
どれにしようか迷ってしまうのです。
部屋の大きさや省エネ具合、値段はもとよりデザインや性能、とにかく1時間たっても決まりません。

夕方4時に到着して荷卸しが始まりましたがあっという間に日が暮れ、電気がないことには不便この上ない、といった有様です。

冬の夕方の引越しにはまず照明の取り付け、このことを学びました。
そしてカーテンの取り付けもすぐに必要です。
とにかく寒いです。
あと必要なものはスリッパでしょうか。フローリングの床は本当に冷たいです。

どうしても生活用品のことばかりが先走ってしまいますが、まずそこに足を踏み入れた時の状況をよく想定して、すぐに出せる荷物にスリッパやカーテン、照明器具などは準備しておくべきだと思いました。
引越し代金は安く済んで万全だったのに意外なところで失敗してしまいました。

婚活パーティーに行ってみたい

結婚している私には基本は行くことができませんが、婚活パーティーに1度は行ってみたいと思うんですね。
昔は合コンなんて言っていましたが、今はきちっとしたパーティー形式になっているようですね。
それもホテルなどを借り切って、参加料払って婚活をするために行われるパーティーですからね。
男女ともに気合が違うはずです。
昔は婚活パーティーなんかに来る人は売れ残った男女だけ、なんて言う感覚がありましたが、今はそんな事はなく、本当にモテそうな人たちもたくさん婚活パーティーにやってくるわけです。
婚活パーティーにも年齢制限などの条件をつけたりして若くない人でも参加しやすい形になっていたりするんですよね。
バツイチの友達が、ここ最近、積極的に婚活パーティーに参加しているんですよね。
中には友達に連れられて、既婚者の人もたくさん来ているそうです。
その人たちは冷やかし半分、どんなものか見たいからと言う感じで来ているのでしょうね。
私もその部類に入っていくのかもしれません。
しかし、1度で良いのでそういうものにも参加してみたいと思う気持ちはあるのです。
1度くらい婚活パーティーに参加してもいいですよね。
今度仲の良い友達と一緒に参加してみようかなと思っています。
もう子供も大きくなってるのに、まだこんなことを考えている自分がバカだなぁと笑ってしまいますが、楽しいこともないと生きていくのに疲れてしまいますからね。

イオン銀行の住宅ローン相談窓口には詳しい人を置いてほしい

職場の休憩室で、「結婚している弟が家族ともども実家に一緒に住もうとしていて、困っている。」と同僚がぼやいていた。

同僚は独身で、実家でご両親と同居。お母さんは「同居は無理!」と反対しているらしいけど、お父さんのほうが弟に甘く、心配らしい。

「弟に住宅ローンで家を建てるくらいの甲斐性があればいいのに。」と言ってました。

仕事もしてるし、独り身の彼女のほうが「家を出て、もう独り立ちしなさい。」と言われてもおかしくないもんね。他人事じゃないかも。

最近の傾向として、「自分で家を建ててこそ一人前」とか「△歳までに家を持つ」とか言う人ってあまりいないですね。友だちの弟さんなんかも、結婚した相手のお父さんがアパート経営をしていて、奥さんもアパートの一室をもらっているらしく、そのままそこで結婚生活を送っています。だから、あえて「家を建てなきゃ」とは思わないみたい。

そんなこんなで、私の周りにはイオン銀行の住宅ローンで家を建てようという人はあまりいないのですが、イオンに行くと「住宅ローン相談受付中」の幟はよく見ますね。ただ、実際行った人のハナシでは、相談窓口の人はあまり知識がなくて、頼りにならなかったとのこと。イオンだから金融業務はメインじゃないのかもしれませんが、せっかく良さそうな商品内容なんだから、ちゃんと詳しい人を置いておけばいいのにな、と思いました。

旦那の浮気許せない!でも、感情的になってはダメ!

配偶者との信頼関係をずっと継続させるのは、ほんとうに大変なことです。
シビアな考え方ですが、夫婦の間に誕生した子どもとは「血縁関係」が存在しますが、夫婦はもともと他人ですから、信頼関係が崩れてしまっても不思議ではありません。
ある程度の年齢に達した人たちは、多少のことがあっても、お互いに、ガマンし合い、妥協し合って、今日(こんにち)に至っているのです。
しかし、いまは「結婚」や「離婚」に関する考え方も大きく変わっています。
そのため、配偶者の不貞行為を機に離婚に発展しても、特別なことではないでしょう。
だけど、旦那の浮気が発覚したら……。
「絶対許せない!」という気持ちが湧いてきますが、感情的に携帯電話を壊したり、「離婚届」を叩きつけたりするのは逆効果かもしれません。
浮気に気付いたタイミングにもよりますが、まずは、深呼吸して落ち着いてから、次の行動を考えましょう。
やはり、浮気の事実を確実に押さえるためには、旦那と相手女性との動かぬ証拠づくりが大切です。
そのためにも、費用後払いやカウンセリングが充実している探偵会社などをみつけ、調査依頼することをお勧めします。

引っ越しを単身でしてネット接続するなら詳しい人に聞くべき

石川県某所でパソコン修理を仕事としている店長さんがいます。
パソコンを修理するお店を経営していると修理以外のいろんな相談事も
舞い込んでくるといいます。引越した後のインターネット接続ができない
というような相談もあります。

集合住宅から戸建てへの引越しで、電話だけが繋がるという状況です。
工事しにきていたnttの人はスタートCDの指示に従うように言って
帰っています。

知識がなければほんとうになんのことやら・・・です。
でも出張してきていた店長さんは、パソコンを見た時から接続できない原因を
見抜いています。接続設定が未設定だということを、です。

店長さんの見通しどおり、接続設定したことでインターネット接続できています。
店長さんが出張してくれて、直に見ることで接続方法がわかったともいえますが、
直に見てもある物がないと店長さんでも分かりかねていたかもしれません。

ある物というのはnttとプロバイダの契約書類です。
この2書類中でもプロバイダの契約書類にはインターネット接続になくてはいけない
大事な項目が記されています。

メールアドレスも大事ですが、ユーザーIDとパスワードが記されているんです。
これを使って接続設定をしなければインターネット接続はできないということ
でしょう。

今回店長さんが対応したパソコンではこの接続IDもパスワードも設定するような
状態だったといいますが、記されているIDとパスワードしか使えないのに
書類がないとなれば、要の接続設定はできていなかったでしょう。

いずれにしてもインターネット接続方法が不明で問い合わせたいというのなら
書類が鍵を握っていることは明らかです。
新規だと工事の時に接続設定もしてくれるようですが、引越しではされないことが
多いので、引越しを単身でする前から書類の整理だけはしておきたいことです。

心斎橋でマッサージして疲れ取ってね!

父の会社は関西に出張が多くて、こないだも急に大阪に出張が決まりました。
少し風邪気味だし、二日前に姉の出産があったりして家もバタバタしてたんですよ。
なので、少し心配。いつもなら高速バス乗り場まで自分で行ってるけど私が送りました。

でも、行く途中橋の上で交通事故があったらしく片側通行でめちゃくちゃ渋滞してたんです。
余裕を持って出かけたけど、もしかしたら間に合わないかも!って凄く焦りました。

15時45分発のバスで乗り場に着いたのが42分!降りてダッシュで向かう父を見送りました。
でも、乗り場まで地下通路を通って反対側に行かないといけなくて遠いんです。
心配になり、車を駐車場に入れて乗り場に行ってみました。

すると父はまだいて、着いたら45分ちょうどで誰もおらずバスが出たのかどうか分からないって!
乗り場は無人だから聞ける人もいなくて途方にくれながら父と一緒に待つこと20分。
すると、大阪行のバスが到着したのですがそれは次の便で、45分発のはやっぱり出たそうです。

何とか空き席があったので乗れたのですが、心配やら焦りやらでグッと疲れてしまいました。
帰り父からメールで「ありがとう。向こうで心斎橋のマッサージで疲れ取るよ」ってありました。
大阪出張の時にいつも父がいく心斎橋のマッサージはすごく良いそうなんです。

それにしても高速バスってあんな時間ピッタリに出発するの?もう少し待っててほしいなぁ。

大阪の友人は毎年音楽スタジオ借りてるんです。

旦那さんが学生の頃、バンドしていたんですが、
いわばヘビメタで、今年の小学校の運動会で
数人の同級生や下級生の親がうちの旦那みて
懐かしんでました。結構当時では、人気あったらしく
ボーカルしていたので、友人たちは今でもうしてるの?っていうのが
恒例でした。まさかするわけないでしょって旦那さんは
笑い飛ばしていたようですけどね。自分と歳が離れているので
わたしは旦那さんと5歳下になるんですよ。
だから当時はもちろんのことで知りませんが
当時はバンドブームでしたので仲の良い子も何人かのグループで
バンドしてた時代でした。
いまでも、旦那さんのバンド仲間のベースだった方は
大阪で住んでいますけど年に数回は
大阪 音楽スタジオ借りてるようですよ。
よほど好きなんでしょうね。
年に2回は徳島に帰ってくるので
その都度、会って当時のこと懐かしんだり、ギターもって歌ったり
するみたいです。なんだか聞いたりしてたら羨ましいですよ。
もうまわりには独身はいなくなった方のですがあと2名ほど
独身ライフで過ごしてる方がいるので、結婚式あげるときは
かならずバンド結成して歌を披露してきたのでたまには
歌も歌わないといけないなっていうくらいです。
いつになるかはわかりませんけどね。

銀座のクラブへの派遣は悪いことですか?

 

先日日本テレビに内定していた女性が、ホステスをしていた経験があるということで内定を取り消されているという問題で、ホステスとして働くのってあんまりよくないのかなって思ってしまいました。

女子大の時って割とお金が必要になりますし、実家からの支援を期待できないのであれば、学業に悪影響のない範囲でアルバイトをするのであれば、ホステスとかクラブで働くのはそんなに悪いことじゃないと思います。

銀座のクラブの派遣なども最近では頻繁に行われているようですし、女性大学生が銀座のクラブに派遣されて勤務するというのも珍しくないそうですよ。

銀座のクラブの派遣についても、下手な新宿などのクラブに比べると品格のあるクラブに派遣されることが多いので、勉強ができて語学力がある女子大生は歓迎されていますから、銀座のクラブとしても派遣を希望している部分もかなり強いんですけど、時代が変わっているのかもしれませんね。

銀座のクラブに若い時働いていたとしても、そもそもそれをネタにするマスコミが悪いのであって、イメージが悪くなるという判断を下すテレビ局に問題があるんじゃないかなって考えてしまいました。

浮気調査で滅んだ2つの家

先日、友人が「俺がおごるからさ、バンバン飲もうよ!」と言ってきました。しかもかなり高い店で、ですよ。普通なら「マジで!?パチンコで大儲けでもしたのかよ!」と大喜びするところですが、その時は事情を知ってるだけに複雑な気持ちになりましたね。だってその金の出どころは、そいつの元嫁さんとその浮気相手から払われた慰謝料だったんですから。

「怪しい」と思い始めたのは偶然だったそうです。ある日、仕事中に熱が出た友人はいつもよりずっと早い時間に帰宅。「嫁さんもパートだしおかゆでも作って寝ていようと思ったんだよな」と話していました。

けれども、寝室から聞こえてきたのはアレな声。始めは奥さんが大人のビデオでも見てるのかと思ったそうですが・・そっと覗くと知らない男と奥さんのあられもない姿。「人間てさ、あんまりショックだとかえって冷静になるのかな?怒鳴り込まなかった自分が不思議だよ」と笑っていましたね。

そのまま家を出て、まっすぐに浮気調査が得意な興信所へ。そこは、前に同じく浮気された知り合いが使ってた所だそうです。とりあえず、平日の毎日を2週間で依頼したとか。結果は真っ黒黒。なんと奥さん、パートをやめて毎日その男を家に呼んでたそうですよ!ちょっと・・異常ですよね。

それからの友人は鬼になっていました。元嫁さんからの「違うの!」には大笑いしたそうですね。自分の両親に元嫁さんの両親、浮気相手のお嫁さん&その両親、そして浮気相手の両親。それから浮気相手の勤務先にまでバラしてしまったとか。結果は悲惨なもので、友人のところも浮気相手のところも家庭は崩壊。バカ2人は多額の慰謝料を今も返している日々だそうです。

「あいつらの顔、面白いんだぜ!赤くなったり青くなったり白くなったり。信号かよ!ってゲラゲラ笑ったら倒れたんだ。痛快だったな!」と笑う友人の目。狂ってて怖かったな・・。とりあえず、僕は結婚しないようにします。恐ろしいですよね・・。

カテゴリー

Go back to top